接客が下手なエステティシャンも中にはいますよね。
私の周りでも話しがあまり好きじゃないという方も多いです。
そこで、接客下手のエステティシャンはどうするのが良いのか、対策法を紹介します。

お客様がお店のドアを開け、最初に目が合った相手が無表情では、そのままドアを閉めて帰ってしまいたくなりますよね。

お店に入ったとしても、その人と仲良く話ができる気がしません。
よくあるのが「笑顔ではなかったけれど、普通の顔をしていたつもり」と言うこと。
この「普通」は接客業では通用しないのです。

自分では普通の顔をしているつもりでも、笑顔以外はお客様に不安や不信感を抱かせてしまうことを忘れないようにしましょう。

「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」を言い忘れてはいませんか?
もしくは、他の人が言っているからいいかな、なんて思ってはいませんか?

今日は自分が担当しなくても、次はあなたが担当するかもしれません。
自分のお客様でも、他の人のお客様でも同じ態度で挨拶をしましょう。

ありがちなのが「そのまま」と「ナチュラル」を間違えてしまっていることです。
ノーメイクや髪をひとつにしばっているだけ、それは「そのまま」です。
身だしなみを整えているとは言えません。

接客をする上で、よっぽどお肌に自信がある人以外は、ナチュラルメイクをしましょう。
もちろん、お肌に自信があっても、眉を整えたり、産毛が多い人は剃ったりとお手入れが必要です。

炭酸パックって今大注目されていますよね。
でも炭酸パックの効果が一番でる使用頻度ってどのようなものなのでしょうか?
こちらで適切な頻度を紹介していきたいと思います。

炭酸パックの基本的な使い方として一般的に言われている使用頻度は、週に1、2回のスペシャルケアとして使うというもの。
実際、週に1、2回のペースで使ってる方が一番多いんじゃないかな?と思います。

でも、炭酸パックの効果を、最大限に出したいなら使い始めのころは、1週間から10日間ほど連続使用がすることが大切なんです。

炭酸パックは1回の使用でも効果が出ます。
それなのに、なぜ連続使用する必要があるのか。

それは、肌の細胞を活性化させるためです。

炭酸パックを数日間、連続使用していると肌が活性化され、基礎代謝が上がってきて肌本来の力が目覚めてきます。

肌の土台(細胞)から健康になるので「肌の健康さ、コンディションの良さ」を持続できるようになってくるんです。
その活性化の効果を出すために必要な期間が1週間~10日間程度なんですね。

そうやって1度肌を活性化させてしまえば肌のターンオーバーも正常に行われるから老廃物の排出もうまく行き、シミや毛穴の汚れも改善されていきます。

すると、肌トラブルも減ってきて、そんなに頻繁にパックしなくても健康な肌を保てるようになるので炭酸パックも、週1回の使用頻度で足りるようになる。

こういうわけです。

赤ちゃんが乾燥したら一体どんなものを塗ってあげれば良いのでしょうか?
赤ちゃんの肌は大人の肌よりも敏感で、乾燥やすいので、早めに対策を取ってあげる方が良いですよね。
そこでこちらでは赤ちゃんの乾燥肌にホホバオイルは使えるのかどうかを調べてみました。

赤ちゃんの乾燥肌にも基本的にホホバオイルは使えます。
実は、小児科のお医者様が赤ちゃんをマッサージする時によく使用されるオイルもホホバオイルなのです。

ホホバオイルは「オイル」と言われはていますが、石油系であることの多いベビーオイルとは違い、優しい植物由来です。

特に、成分の9割以上である「ワックスエステル」は人間の肌の主な成分でもあります。
そのため、非常にアレルギーの症状が出にくいのです。
様々なアレルギーを抱えがちな赤ちゃんにも、比較的安心して使いやすいと言えるでしょう。

また、ホホバオイルは酸化しにくいことでも有名です。一般的なベビーオイルの1/4のスピード、とも言われています。酸化しにくいということは、すなわち防腐剤の使用が少なくてすむということです。

あまり意識されにくいのですが、オイルに使われている防腐剤は人間の身体に大きな負担をかけます。当然、アレルギーの誘発原因にもなります。

ホホバオイルは場合によっては防腐剤不使用、100%天然成分ということも可能ですので、その面でも安全性が高いと言えます。

敏感肌に悩んでいる方って結構多いですよね。
特に冬場は乾燥しやすいですし、健康な肌になりたいと思っている方も多いハズ。
そこで、こちらではすこやか肌を目指すスキンケア方法について紹介したいと思います。

クレンジングを行う際は、適量を意識して皮膚が引っ張られないよう、ていねいに行いましょう。手の薬指と小指を使うようにクレンジングすると、過度な力が入らないのでおすすめです。
また、毎日のクレンジング料は保湿成分が比較的多く配合されており、テクスチャーに厚みがあるクリーム・ミルクタイプがおすすめです。
クレンジングにはさまざまなタイプがありますが、クレンジングの主な目的は油性の汚れ(メイクや日焼け止め) を落とすことです。
肌が敏感な場合、「油溶性の汚れを落とす」と共に「余計な負担を肌にかけない」タイプを選ぶことが重要といえます。

肌が敏感な状態の時は、肌へ負担をかけないようなスキンケアを心がけなければなりません。
洗顔料でゴシゴシ洗ったりせず、皮脂をとりすぎないよう、力を入れずにやさしく洗顔を行いましょう。

洗顔の役割は、皮脂や肌表面に付着したほこりや雑菌を落として肌を清潔に保つことです。
洗顔料はシンプルなものを選ぶことをおすすめします。
また、洗顔を行う際は肌に摩擦をかけないよう洗顔料をまずは、しっかりと泡立てて、包み込むように洗顔し、すすぎ残しがないように気を付けることがポイントです。

洗顔石鹸って何を使えば良いかすごく迷いますよね。
今まで洗顔石鹸って色々と使ってきましたが、最近良いなぁと思うのは牛乳石鹸です。
こちらではオーガニック石鹸などを紹介しますので、ぜひ試してみてくださいね。

ヴァージンココナッツオイル・マイルドソープ
インドネシア産の最高級のヴァージンココナッツオイルを使い、枠練り製法で丹精込めてつくりあげたこだわりの石鹸。効果と安心安全への心配りも嬉しい一品です。

ヴァー ジンココナッツオイルを配合した、かなりのこだわり石鹸です。
手間も暇もかけてつくる必要がある、枠練り製法。
これを取り入れたお陰で、美容成分が40% も含有されるという結果につながっています。
また、「皮脂を残して、汚れを落とす」という難しいことを天然ココナッツの力を借りて実現しているところも、 大きな特徴になります。
赤ちゃんのような透明肌を目指す人には、一度は使ってもらいたい石鹸です。

HappyTouch
韓国生まれのオーガニック素材にこだわり抜いたハーブ石鹸です。
肌に効くオーガニック石鹸としての総合力はピカ一です。
「7年間販個数1位」「購入者が12万人以上いる」とうたい、多くのファンを獲得いしている。
総合力が高く、効果や期待できる項目も幅広く抑えているのが特徴です。
オーガニック石鹸としては、比較的手にとりやすい価格設定となっており、そのリーズナブルさも人気の秘密です。