アンチエイジングをしようと思ってもなかなか成功しないものです。
そこでこちらでは毎日の習慣を紹介しますので、ぜひ実践してみてくださいね。

急激に血糖値が上がらないよう、「サラダ→メインディッシュ→デザート」「酢の物→煮物・焼き物→ご飯→甘味」というように、食物繊維→タンパク質→炭水化物という順番で食べましょう。
食物繊維の多い食品をたくさん食べることで、急な血糖値の上昇を抑えられるだけでなく、唾液の分泌も増え満腹感を得やすくなりますし、便秘の解消にもつながります。

午前中はカラダのデトックスタイム。朝からお腹いっぱい食べると消化活動にエネルギーの大半が使われてしまい、デトックス(排泄)活動に支障をきたすため朝食は控え目に。

オリーブオイルには善玉コレステロールを増やし、腸の中で栄養素の吸収を促進する働きなどのエイジング効果が。特にエクストラバージンオイルは強力な抗炎症作用を持っています。

納豆に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンと同じような働きをし、更年期障害や骨の老化、活性酸素を取り除く働きをします。

魚には血液を守るエイコサペンタエン酸(EPA)、脳の機能を維持し目の健康を守るドコサヘキサエン酸(DHA)が豊富。特に小魚は魚全体を食べられるのでおススメです。

消化のされにくい肉や魚、穀類は野菜や果物と組み合わせることで、消化しやすくなり内臓への負担を減少。「野菜・果物+穀類」「野菜・果物+肉・魚」という組み合わせで食べましょう。

酵素ダイエットってすごく効果がありそうですが、効果的なやり方ってご存知でしょうか?
こちらでは効果が出やすいやり方について紹介したいと思います。

酵素ダイエットの最も基本となるのは「毎日の食事に積極的に酵素を摂り入れる」ことです。
現代人は、野菜や果物を摂取量が減っていると言われていることから、これらの食べ物を意識して食べるだけでも酵素ダイエットと言えるでしょう。
ただし、果物には果糖(糖分)が含まれているため、食べ過ぎは返って太る原因となります。
食事の前や後、間食時に果物を摂った場合は、食事の量を調整することが大切です。

1食置き換え酵素ダイエットは、1日3食のうちのどれか1食を野菜や果物(酵素ドリンクや酵素サプリメントなどでも可)に置き換えるダイエット方法です。
なお、加熱をすると酵素がなくなってしまうため、野菜や果物は生のままで摂るようにしましょう。

前日の夕食後から断食を始め、翌日の昼食までの約18時間、食事をしないダイエット方法です。
1日断食するよりも体に負担がないため、ファスティング初心者でも始めやすいダイエット方法と言えます。
朝食を抜いた昼食までの時間に栄養を補うため、酵素ドリンクや酵素サプリメントを摂るようにしましょう。

コラーゲンがお肌に良い事はみなさん知っていると思いますが、一体どんな摂り方をすれば良いのでしょうか?
こちらではコラーゲンの効果的な摂り方について紹介したいと思います。

コラーゲンをサプリメントで摂る際には、選んだ商品の定量を守って摂取することが大切です。
最近では、1週間おきに飲むことをすすめているものもあるようですが、基本的には毎日、継続して摂ることで効果があがると言われているのがコラーゲンです。
忙しい毎日の中で飲み忘れてしまわないように、「朝起きて1杯目に飲むドリンクにパウダータイプを入れて飲む」、「寝る前の水分補給はドリンクタイプのコラーゲンで」など、自分の生活に無理なく摂り入れて、習慣にすることがおすすめです。

また、基本的には自分が飲みやすい時間帯に摂ることが長く続けられるコツですが、できれば、夜寝る前の時間帯に摂取すると、より効果をあげることができます。
成長ホルモンが活発に分泌されて、肌の代謝が高まる時間帯は、夜の10時~深夜2時ごろ。
肌が生まれ変わるゴールデンタイムと言われる時間帯です。
10時前にコラーゲンを飲み、ゴールデンタイムにはきちんと睡眠を取ることで、コラーゲンをしっかり吸収することができます。翌朝にはハリと弾力のある肌が実感できるはずです。

接客が下手なエステティシャンも中にはいますよね。
私の周りでも話しがあまり好きじゃないという方も多いです。
そこで、接客下手のエステティシャンはどうするのが良いのか、対策法を紹介します。

お客様がお店のドアを開け、最初に目が合った相手が無表情では、そのままドアを閉めて帰ってしまいたくなりますよね。

お店に入ったとしても、その人と仲良く話ができる気がしません。
よくあるのが「笑顔ではなかったけれど、普通の顔をしていたつもり」と言うこと。
この「普通」は接客業では通用しないのです。

自分では普通の顔をしているつもりでも、笑顔以外はお客様に不安や不信感を抱かせてしまうことを忘れないようにしましょう。

「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」を言い忘れてはいませんか?
もしくは、他の人が言っているからいいかな、なんて思ってはいませんか?

今日は自分が担当しなくても、次はあなたが担当するかもしれません。
自分のお客様でも、他の人のお客様でも同じ態度で挨拶をしましょう。

ありがちなのが「そのまま」と「ナチュラル」を間違えてしまっていることです。
ノーメイクや髪をひとつにしばっているだけ、それは「そのまま」です。
身だしなみを整えているとは言えません。

接客をする上で、よっぽどお肌に自信がある人以外は、ナチュラルメイクをしましょう。
もちろん、お肌に自信があっても、眉を整えたり、産毛が多い人は剃ったりとお手入れが必要です。

炭酸パックって今大注目されていますよね。
でも炭酸パックの効果が一番でる使用頻度ってどのようなものなのでしょうか?
こちらで適切な頻度を紹介していきたいと思います。

炭酸パックの基本的な使い方として一般的に言われている使用頻度は、週に1、2回のスペシャルケアとして使うというもの。
実際、週に1、2回のペースで使ってる方が一番多いんじゃないかな?と思います。

でも、炭酸パックの効果を、最大限に出したいなら使い始めのころは、1週間から10日間ほど連続使用がすることが大切なんです。

炭酸パックは1回の使用でも効果が出ます。
それなのに、なぜ連続使用する必要があるのか。

それは、肌の細胞を活性化させるためです。

炭酸パックを数日間、連続使用していると肌が活性化され、基礎代謝が上がってきて肌本来の力が目覚めてきます。

肌の土台(細胞)から健康になるので「肌の健康さ、コンディションの良さ」を持続できるようになってくるんです。
その活性化の効果を出すために必要な期間が1週間~10日間程度なんですね。

そうやって1度肌を活性化させてしまえば肌のターンオーバーも正常に行われるから老廃物の排出もうまく行き、シミや毛穴の汚れも改善されていきます。

すると、肌トラブルも減ってきて、そんなに頻繁にパックしなくても健康な肌を保てるようになるので炭酸パックも、週1回の使用頻度で足りるようになる。

こういうわけです。